2014年09月16日

第5回スペースカフェ☆お茶の水「子ども宇宙教室」開催

8月17日(日)、三省堂書店神保町本店で「子ども宇宙教室」を開催しました。3部構成で開催したこのイベントには、総勢116人の宇宙好きの親子が参加しました。「子ども宇宙教室」はふつうの講演会と違い、講師のお話に加え、質問の時間をたっぷりとり、子どもたちが日頃から不思議に思っている宇宙に関する疑問に研究者や専門家が分かりやすく答えました。

講師には、1・2部校長に阪本成一さん(国立天文台)、1部講師に大川拓也さん(宇宙航空研究開発機構)と吉冨進(日本宇宙フォーラム)。2部講師に臼井文彦さん(東京大学)と渡辺勝巳(日本宇宙フォーラム)。3部校長に高木俊暢(日本宇宙フォーラム)、講師に小山佑世さん(宇宙航空研究開発機構)と五十里哲さん(東京大学)と、総勢8人が登壇しました。参加者からは、来年の夏休みにも開催してほしいと早くも熱いラブコールをいただいています。

また、当日のサプライズとして、参加した親子に湯島聖堂のお札を配りました。参加した皆さんには、このお札に願い事を書いてもらった上で、お札を2014年12月1日にFalcon 9で打ち上げ、国際宇宙ステーションに保管後、2015年1月8日に地球に帰還させる予定です。「落ちないお守り」として、ご利益が期待できそうです。

次回のスペースカフェは、10月7日(火)にひまわり8号/H-IIAロケット25号機の打ち上げパブリックビューイングの開催を予定しています。また、翌日10月8日(水)には、皆既月食観望会を予定しています。お楽しみに!

日本宇宙フォーラム 京田綾子
posted by Sカフェ事務局 at 15:00| JSFメールマガジン