2014年12月26日

第4回スペースカフェ☆お茶の水
お茶の水で夏の夜空を見上げよう!

今回のスペースカフェは、「七夕」をテーマに夜空の楽しみ方をご紹介しました。天気がよければ、恒例の星空観望会を開催する予定でしたが、梅雨まっただ中の東京は生憎の雨。残念ながら中止になりました。

日時:2014年7月4日(金)
会場:新お茶の水ビルディング オフィス棟1F

オープニングトーク
★実行委員長 阪本成一氏(宇宙航空研究開発機構)

最初に主催者を代表して阪本氏より、「スペースカフェ☆お茶の水では、御茶ノ水を拠点に宇宙の研究開発や科学に関する情報を試行錯誤しながら発信していきます。」と挨拶がありました。そして今回の講師、大川拓也氏のご紹介。「大川さんは、国立天文台・天文雑誌の編集・科学館の勤務を経て、現在はJAXA(宇宙航空研究開発機構)の広報担当で、私の隣の席で仕事をしています。」実は大川氏はスペースカフェの実行委員でもあります。
01.jpg


お茶の水で夏の夜空を見上げよう
★大川拓也氏(宇宙航空研究開発機構)

興味津々、JAXAの仕事
まずJAXAが人工衛星の打ち上げや運用・宇宙ステーションでの実験・航空技術の研究など、人類に役立つ宇宙科学の研究をしていることを紹介しました。そして夏のイベントのお知らせです。「宇宙に興味を持ってもらうためにJAXA相模原キャンパスの特別公開を7月25日(金)、26日(土)に開催します。普段は見ることができない施設や最新の研究内容をわかりやすく紹介するので、ぜひいらしてください。また、この夏、幕張メッセ(千葉県)で“宇宙博”が開催されます。JAXAの取り組みや、海外の宇宙開発についてよくわかります。」宇宙大好きなみなさま、お待ちしています。
02.jpg


いろいろな人がいます。スペースカフェスタッフ紹介。
次に、スペースカフェのスタッフ紹介です。
国際宇宙ステーション(ISS)での宇宙実験に取り組む先生のサポートや飛行機での無重力体験を行っている、日本宇宙フォーラムの研究員の高木さん。今回、会場を七夕らしく飾り付けした、学生団体カンダユメラボの渡辺さん。明治大学建築学科の学生9名で空間プロデュースをしています。そして、NPOスキマ大学の本郷さんは、お茶の水の街を面白くするプロジェクトを手掛けています。
スペースカフェは、御茶ノ水の地域の方と連携してサイエンスカフェ&星空観望会を2カ月に1回開催しています。
3.jpg


都会の夜空の楽しみ方
「都会で天体観測はできるの?」「天体望遠鏡でなにが見えるの?」などの質問をよく受けますが、天体観測の楽しみ方をご紹介しました。

星「天体望遠鏡で星を見ると、星の色がカラフルなのがよくわかります。星の表面温度によって色が違い、太陽は約6000度で遠くからだと白っぽく見えます。太陽よりかなり高い、数万度だと青っぽく見え、太陽より低い3000〜4000度だとオレンジっぽく見えます。」

惑星「金星や火星などは都会でも十分肉眼で見えます。天体望遠鏡をのぞくと肉眼では見えない土星の輪や木星の衛星がきれいに見えます。」

月「ウサギが餅つきをしているように見える日本ですが、中国ではカニ、南米ではロバ、ヨーロッパでは女性の横顔に例えられます。昔から人々は月を見て楽しんでいました。今年の中秋の名月は9月8日です。そして日本全国で見ることができる皆既月食は10月8日。必見ですね!」

幕末、安政7年の月齢カレンダーが紹介されました。150年くらい前のものです。当時(旧暦)は月の運行によって日が決められていたので三日月の日は毎月3日で、月の傾き方や、方位、高度もわかりました。12カ月だと季節とずれてくるので閏月で調整をしたそうです。明治6年から現在の西暦が使用されるようになりました。

星に願いを!
休憩時間、参加者のみなさまに、オリジナル短冊(カンダユメラボが作ったロケットなどのカワイイ短冊です)に願い事を書いていただきました。織姫は機織名人でしたから、本来は技能の上達を願うそうです。みなさま、願い事は欲張りすぎないよう!
03.jpg


七夕の星、知っていますか?
織姫と彦星の星を探せますか?“ベガ星(織姫)”と”アルタイル星(彦星)”を探すには、「夏の夜空に見える『夏の大三角』という3つの一等星を目印に探してください。『夏の大三角』は、こと座のベガ星/わし座のアルタイル星/はくちょう座のデネブ星の3つの星を線で繋ぐとできるとても大きな三角形のことです。8月上旬の夜10時くらいが見ごろです。」夏の夜空を探してくださいね。
大川氏は“伝統的七夕ライトダウンキャンペーン”の委員をされています。どのような活動かというと「旧暦の七夕の日(2014年は8月2日)に、不要な明かりを消して夜空を楽しんでみようというキャンペーンで、2011年から始まりました。震災後、無駄な明かりを消して節電をしようという狙いもありました。環境省も特別協力し、昨年は50カ所で行われました。天の川を見たことがない子どもたちが多いのがとても残念です。機会があったら本物の天の川を見てほしいです。」大川氏が最後に紹介した美しい天の川の写真は、2010年6月のオーストラリアの天の川。「はやぶさ」が地球に帰ってきた時のものでした。

「私たちが見上げる夜空は、宇宙そのもの。日々の夜空の変化に気がつくと心が豊かになります。」と語る大川氏の瞳は星のようにキラキラと輝いていました。興味深いお話と美しい星の写真をたくさん見せていただきありがとうございました。

普段何気なく見上げる夜空ですが、星や月の知識があるともっともっと楽しくなります。みなさん、時には夜空を見上げて私たちの銀河(天の川)、そして無数の星々が輝く宇宙に思いを馳せてはいかがでしょうか?

レポート・撮影:新谷明日子
posted by Sカフェ事務局 at 15:34| スペースカフェ開催レポート